親の介護と医療関係の準備の考え方

高齢化社会では、誰もが高齢化し、長生きをすることで、理想的な老後の状況のように見えます。
いくらお金があっても、長生きが出来なければ、使うこともできませんし、楽しみも少なくなります。
高齢化という理想的な社会ですが、現実は厳しいということになります。
高齢化だけではなく少子化もあり、国の税金が入らなくなるということだからです。
国の借金もたくさんあるので、その返済もしなければならないということになります。
経済的な面だけではなく、高齢者が病気になった時に誰が介護をするのかということも問題になります。
親族ということになりますが、子供が親の面倒を見るということになります。
その準備も含めて考えておく必要があります。
子供が複数の場合、誰が介護をするのかを決めておくと、後で安心できます、覚悟もできますし、引き取らない子供たちは経済的な援助や手伝いなどをするようにします。
そうすると負担も軽くなり、急に決めるという混乱も体験せずにすみます。